git-cryptを導入してみた

git-crypt という便利ツールがある。

これは何かというと、リポジトリの適当なファイルをgit add時にstageに入った段階で自動的に暗号化してくれて pullなどで持ってきてwoking treeに出すときには逆に復号してくれるというgitの拡張の1つ。

これを導入するとpublicなリポジトリにsecretを入れながら管理することができて大変便利になる。

ただしgit-cryptはあとで入れる外部ツールなのでREADMEがないとわけわからないので注意が必要。

実際に使った感じはntgaura-webリポジトリ(このbackendにdropboxを持ってるblogシステムのコード)を見るといい